検索
  • 野田亨

部下力とは?


今日のテーマは、部下力というものについて書いてみたいと思います。


上司を起点とした書籍などは多くありますね。

「部下を持ったら・・・」「上司になったら・・・」「マネジメント力・・・」「できる上司と思われるには・・・」といったものです。

今まで上司がいて仕事をする立場から部下をもってチームをもって仕事を教えながら、任せながら確認をしてアドバイスをするという180度違う仕事の仕方になるので多くの書籍があります。

「部下力」とは、部下(自分)を起点とした仕事の仕方について私が実践してきたことをまとめてみました。社会人経験が浅い社会人の方にお勧めですので最後までご覧ください。


私は、入社約1年後、営業支店に配属となりました。

最初は仕事を教えてもらうことから始まりますが皆さんは教えてもらうとき何に気をつけていますか?

「メモを取る」「積極的に質問をする」していますよね。とても大切なことですね。

でも、私が一番気を付けていたのは「明るさ」「元気さ」でした。

まさに、新しく家族に仲間入りした子犬のように「クンクンクン」って( ´∀` )

これは、狙ったわけではなく子供のころからの私の習性のようなところもありますが、とにかく人見知りがなく誰とでもすぐに仲良くなることができたので自然とできたと思います。

教えてくれる先輩に恵まれたこともありその方は丁寧に優しく教えてくれました。

私が働いていた会社では、営業とオペレーターダイレクターという女性社員とペアを組んで仕事をする仕組みでした。

最初は、簡単な流れを知るために同じ仕事を教えてもらいますが、多くの場合、営業が忙しくなり、その業務は営業はやらなくなります。

でも私は社内にいる間は積極的にやるようにしました。

それは、その仕事が一番営業につながると判断したからです。

私がやっていた営業はルート営業がメインでしたが、お客様とのコミュニケーションは月に1回程度定期的に訪問して会社のサービスなどの説明しかありませんでした。

しかし、事務所にいると電話では自分のお客様ではない方々と話をすることができいろんな情報を得ることができました。

例えば、エリアによっては売れる商品や売り方が違います。

それぞれの成功事例を聞くことができたのです。

「注文100個」というオーダーを受けた際に「ありがとうございます。●●さん、これってなんの注文ですか?なんでこんなに売れたんですか?」と聞きました。

そうすると「これは市の注文やで。今地域振興〇〇があってその入札があったんや」と答えてくれます。

「それって他のところもあるんですか?どこで確認できるんですか?」とか聞きます。

それを自分のエリアの店舗に対して連絡を入れて注文を取ってもらうサポートをしていました。このようなことがありました。

そして、何よりも、オペレーターダイレクターさんは先輩の女性社員がほとんどです。

この仕事を積極的に手伝うことで私はとてもかわいがられたと思います。

営業後のフォローはこの方々によりすべてが左右されるといっても過言ではなかったため、この方々から絶大なサポートは私にとってはかけがえのないものだったのです。

当時私は早く支店長になりたいと思っていたため(結果なれずに退職になりましたが・・・)とにかく支店長の真似をしようと思いました。

もちろん上司や先輩のいいところはとにかく真似るようにしました。

少し余談ですが、占い師のゲッターズさんという方がいますが、この方が出している本がありますがその本によると、私はなんと「カメレオン」です。

カメレオンはとにかく人のまねをすることが上手な星で、まねることで大きく飛躍するそうです。これを知ったのは最近なので当時知る由もありませんが、おのずとそうしてたのだと思うとびっくりです。

真似をすることで、失敗した場合、支店長に相談をします。

支店長のようにやってみましたがうまくいきませんでした。どこが良くなかったでしょうか?と素直に聞くことができます。

そうすると、支店長は自分が経験していることで、このやり方はうまくいく、君はまだ経験が浅いから、こういうやり方をしてみた方が良いとアドバイスをくれます。

そう、「素直」ということはとても大切なキーワードでした。

素直さは何よりも気に入られる行動パターンです。

私が考える部下力とは、

・明るさ、元気さ

・かわいがられる

・素直さ

まずはこの3つです。

仕事をもっと具体的にやるようになると違う要素が必要となってきますが、まずは入社後に必要な3つをお伝えしました。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

入社1年目に何をしたか?

私が会社に入社して何をしたか?について少し思い出してみたいと思います。 私が入社した会社は1年間研修という名の現場業務体験がありました。 現場の体験は大きく2つ。 一つは店舗研修。もうひとつは物流研修でした。 私が入社した会社は、ギフトの卸会社でした。 ギフトと言ってもピンとこない方もいるかもしれませんが 「お中元、お歳暮、お祝いのお返し(タオルとか)結婚式の引き出物とか」です。 商品は、食料品か